ヒップシートキャリアついて

ヒップシートキャリアって何?

ヒップシートキャリアは、従来の抱っこひもに椅子のような台座が付いた、今までにない新しいスタイルの抱っこひもです。リラックスした時間を赤ちゃんと過ごすために開発されたヒップシートキャリアは、2010年に海外で産声を上げて以来、世界中で愛され続けています。

従来の抱っこひもは、肩ベルトタイプ、腰ベルトタイプ、スリングタイプに分類されますが、ヒップシートキャリアは従来の分類にはない新しいタイプの抱っこひもです。

ヒップシートキャリアに共通することは、赤ちゃんを体の重心で支えるため、肩や腰への負荷が軽減されるという特長があります。一方で重要になってくるのが、椅子のような台座部分の素材や構造になります。赤ちゃんだけではなく、抱っこする側のママやパパにかかる負担も考慮された仕様になっているかが大切なポイントです。

ヒップシートキャリアや抱っこひもは、赤ちゃんの安全を第一に考えて、第三者機関により安全性が認められた製品をお選びください。

抱っこひも安全協議会
人間生活工学認証
SG安全基準(日本の製品安全協会)
抱っこひもの安全基準について
・EN安全基準(ヨーロッパ連合(EU)地域の安全基準)
・ASTM安全基準(アメリカの安全基準)
・KCマーク制度(韓国の安全基準/国家統合認証制度)

BABY&Meヒップシートキャリアについて

BABY&Me のヒップシートキャリアは、赤ちゃんを抱っこして負荷を分散させるポイントにおいて重要である土台の傾斜と腰ベルトとの太さを、 日本人に最適な形状に設計しているため、お子様の重さを腰全体で支えることが可能です。従来の抱っこひもで起きていた、お子様の体重増加に伴う、抱っこひもの沈み込みを防ぎ、肩や腰への負担を大幅に軽減することを実現しています。
また、BABY&Me のヒップシートキャリアは、ヒップシートキャリアで最も大切な土台部分に、赤ちゃんとママのことを考えたフォーム(2層構造)を取り入れています。上部はお子様が安定して座れるように軽量で丈夫な素材(EPP)を使用し、ママの下腹部に当たる部分は、ママの動きに合わせて優しくフィットする柔らかい素材(ウレタン)を使用しています。この2層構造(デュアルフォーム)は、他社が真似できない、BABY&Me の「真似できない楽さ」の大きな理由です。

抱っこの使い方は、対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶ等、シーンに合わせて様々な抱っこが可能です。
BABY&Meは、新生児から4歳までずっと長く快適にご使用いただけるヒップシートキャリアです。

"抱っこ"をオシャレに快適に。ぜひご試着いただき感動の瞬間をご体感ください。

主な受賞/認証/正会員

アワード
グッドデザイン賞
キッズデザイン賞
ペアレンティングアワード2020
ゼクシィBabyクチコミNo.1
コズレ「満足度No.1」2021
コズレ「ママ友に勧めたい抱っこひもNo.1」2021
認証
SG安全基準(日本の製品安全協会)取得
KCマーク制度(韓国の安全基準/国家統合認証制度)取得
IHDI(国際股関節異形成協会)認証取得
人間生活工学認証取得
参加団体
人間生活工学研究センター正会員
抱っこひも安全協会

BABY&Me「真似できない楽さ」試着体験ムービー

logo02